エコ@アジアニズム新潟展 終了いたしました。   ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。


新津美術館 市民ギャラリー
2008年8月26日(火)~ 31日(日)

b0123049_2294279.jpg


◇ エコ@アジアニズム展 / キュレーター 増山麗奈

始まりは5年前のイラク戦争。たった二百歳の自称“世界警察”の空爆によって、数万年の歴史を持つ貴重なイラクの文化財が燃やされた。私は戦火のバクダッドで、ボロボロの壁画を修復する画家たちに出会った。それは遠い昔から続いてきたアジア・ユーラシアの繋がりを取り戻す、知性と美のアクションだった。西洋のコピーを、最先端の芸術だと信じてきた自分が、恥ずかしかった。

戦争と環境破壊と貧困は、見事なセット販売だ。産業革命以後、西洋近代諸国(日本もネ)は有色人種達の土地をメタクタにぶっ潰した。そしてイイ車や成功を夢見るお決まりのストーリーの裏で、豊かな大地に根付いた暮らしを分断し、木を切り、有毒物質を垂れ流し、金も、健康も、尊厳も、奪ってきた。気づけば地球は真っ赤っか。

ア~~~ヤダヤダっ!! もうだまされねぇぞ!! いのちを殺し続ける経済発展とやらに、ここらでおさらばだ。おい、ヤローども、今こそ一揆だ! 最悪な状況を抜け出すため、オイラたちは“生きる表現”を追求するぞ!!「エコ@アジアニズム」は単なる流行の“エコもの”じゃないよ。奪われたアジアを取り戻し、地球を救う、スペクタクルな現代アートの闘いなのだ!



(参加作家)

李宣周(自然美術運動YATOO実行委員) 

森下泰輔(反アスベスト・アーティスト)

石川雷太(現代美術)   

園田昭彦(写真)

澤田サンダー(過労死マン)  

柴田智明(日本画活動家)

本杉美智子(映像作家) 

中村均・水谷かおり(CG作家)

姜敬淑(写真)


b0123049_13552319.jpg


◇ 場所 : 新潟市 新津美術館 市民ギャラリー 
     新潟県新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1   
        TEL 0250-25-1300(1301)
◇ 期間 : 2008年8月26日(火)~ 31日(日)※会期中は無休
◇ 時間 : 10時 ~17時
     (但し、入館は16時30分まで・31日は15時で終了です)
◇ 入場料 : 無料
◇ 問い合わせ e-mail : info@renaart.com



◇ 同時開催!増山麗奈展

b0123049_1355488.jpg


[PR]
by ecoasia | 2008-08-01 23:55 | 開催情報
エコ@アジアニズム展 in 新... >>